FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孫文の義士団

孫文の義士団


フィクションなので、熱くなって見る程でもないけど、見ていると熱くなります。国のために戦う義士団の一人ひとりに物語があります。その物語を見たあとに、義士が一人また一人と戦死していくので自ずとこの映画に身が入ります。
義士は皆、国のために戦いますが、最後は家族を思いながら次々と死んでいきます。何処の国の人も同じだと言う思いと、かつて日本が西欧列強とともに中国を植民地化しようとした恥ずかしさを感じます。
ちょっと内容的には日本の「13人の刺客」に似ていますが、映画としてはダントツにこちらの方が面白いです。
カンフーアクションもすごいです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント

 
年に1~2回ずつ、6~7年利用させてもらってます。

近々また行きたいと思います。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【孫文の義士団】

孫文の義士団フィクションなので、熱くなって見る程でもないけど、見ていると熱くなります。国のために戦

Powered by FC2 Blog

Copyright © 受付の独り言 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。